タトゥーを除去する方法の三つ目は、
剥離によるタトゥー除去方法です。
二つ目で紹介した切除と似たようなイメージで考えられますが、
切除よりも広い面積の皮膚をそのまま手術で取ってしまうイメージです。
切除のように手術で切った部分を縫い合わせるといった方法ではないため、
手術痕は、大きなやけどの痕といった感じになります。
もちろん、時間がたつにつれて目立たなくは、なってきますが、
やはり傷跡は残ると考えたほうが良いでしょう。
それでも皮膚を手術で取ってしまうといった観点では、タトゥーが取れますので、
比較的広い面積のタトゥーに対して、手術で取ってしまいたいといった要望の方には
この方法が考えられます。
メリット・・・比較的広い範囲のタトゥーに対して、手術で皮膚をとってしまうことができる。
デメリット・・・手術後の傷跡が残る。傷口というよりもやけどの痕のような赤い感じ。
       具体的なイメージはお医者さんに相談すると良いでしょう。



おすすめの記事