タトゥーと恋愛

タトゥーを除去することを検討する際、その理由は様々ですが、タトゥー除去の理由で大変多いのが恋愛および結婚です。
遊びの恋ならまだしも、真剣に結婚を考えるような素晴らしい人と巡り合えた場合、結婚という二文字が自然と浮かび上がってきます。
しかし、この結婚とタトゥーはものすごく相性が悪い。結婚とタトゥーは未来永劫、相容れないものと思ったほうが良いでしょう。
今回はその理由を考えたいと思います。

なぜ結婚とタトゥーは相性悪い?


結婚とタトゥーはものすごく相性が悪いです。理由は明白。結婚とは、個人間のものでありますが、家族間のものでもあるからです。
相手の家族と、親戚一族になります。
そして、相手の親戚一族の人々の中には、タトゥーや入れ墨を怖がるひとが必ずいるからです。

入れ墨を入れている人が家族になるのが怖い。


もっとシンプルに言ってしまうと、相手の家族が怖がります。
挨拶にすらいけないかもしれません。それは、

  • 入れ墨=犯罪
  • 入れ墨=暴力団

といった思い込みやイメージがあるからです。
間違っても、入れ墨=アートだと思ってくれる人はいません。
真面目なサラリーマンは入れ墨していませんよね。自分の大切な子供の結婚相手が入れ墨/タトゥーを入れていたら、「そんな人やめろ」となるわけです。
こうして、真剣な恋をした人は、必然的にタトゥー除去を考えるようになるのです。

相手の両親や親戚にタトゥーの良さを理解させることができるか?

例えあなたがタトゥーを入れていたとしても、せめて人間的な素晴らしさを知ってほしいと思うことでしょう。タトゥーを入れていても、人間的に素晴らしい人はたくさんいます。
ですが、結婚したい相手のご両親や親せきに、タトゥーのことを理解してもらって、そのうえであなたの人間的な素晴らしさを理解してもらうのはかなり難しい作業といって間違いありません。
なぜなら相手のご両親は、タトゥー=犯罪者というくらい、悪いものと決めつけているからです。
さらに悪いことに、自分の子供の幸せを願う両親は、タトゥーを悪いものという概念を変えないでしょう。聞く耳すらもってもらえないという事態になるのです。

結論 うまくいきません。入れ墨除去を考えましょう。

世の中には、頑張れば変えられるものと、頑張っても変えられないものがあります。
今回の、タトゥーがある人との結婚は上手くいくかというテーマですが、結論はうまくいかないでしょう。
理由は相手の両親の理解を得ることが死ぬほど難しいからです。
一生をともにしたいという素晴らしい人と巡り合えたのであれば、タトゥー除去をお勧めします。
現在はそういう治療も発達し、タトゥーを入れてしまったからと言って、結婚をあきらめる必要は全くありません。
このサイトでは、特にお勧めできるお医者様の紹介も行っています。
是非プロに相談して、安心できるタトゥー除去治療を受けてください。幸せをつかまれることを、心よりお祈りしています。



おすすめの記事