切除によるタトゥー除去方法

タトゥーを除去する方法のふたつ目は、切除による除去方法です
皮膚の部分を切り、切除した部分を縫い合わせるといった方法です。
比較的小さい範囲のタトゥーをきれいに除去するためにはこの方法が考えられます。
ただし、傷跡を縫い合わせるといった方法なので、縫い合わせた痕(手術の後の傷)が残ります。もちろん、傷跡は時間が経つにつれて、薄くなっていき、目立たなくなります。
どういった傷跡になるかは、別途ご紹介する専門のお医者様に相談のうえ、この方法をとるか、相談すると良いと思います。

メリットと、デメリット

メリット・・・皮膚を切除するので、比較的きれいに取り去ることができます。
さらに、レーザーのように複数回通うといったことはなく、基本的には一回の手術で切除しタトゥーをとることができます。
デメリット・・・体にメスを入れるといった手術になるため、身体的な負担が発生します。
また、手術の傷跡が残るというのもデメリットだと思います。
時間とともに薄くなっては行きますが、手術痕としては残りますので、具体的にはお医者柾と相談すると良いでしょう。
あと、広い範囲のタトゥーには向かない(カバーしきれない)です。
広範囲なタトゥーの除去については、別の方法をとることがオススメとなります。
まずは、ご自身のタトゥーについて、お医者様と相談してみると良いと思います。
最近は、最初に無料で相談に乗ってくれるお医者様もあります。ぜひ活用して、専門家の意見を聞きましょう。
タトゥーと一言で言っても、ひとりひとり、色もサイズも違います。ご自身に合った治療方法が見つかるよう、応援しております。



おすすめの記事