子供の運動会でタトゥー・刺青を消したくなる

img/undookai.jpg" alt="" />
タトゥーを消したくなる時の代表的な例として、子供の運動会があります。
元来タトゥーは、
タトゥーを入れた本人の自己満足として入れるケースがほとんどです。
ですが、子供と言う(自分ではない)対象が現れたとき、
あなたの価値観は大きく変わります。
今まであなたがタトゥーを入れたときに周りにいた人はどんな人でしたでしょうか。
きっと周りの人もタトゥーを入れていたことでしょう。
周りの人もタトゥーを入れていれば、自分がタトゥーを入れていることも極めて自然なことだったはずです。
でもね、子供の運動会にタトゥーを入れた体で出場した場合、どういうケースが待っているか、よく考えたほうが良いです。
周りの人はタトゥー・入れ墨を見てどう思うでしょうか。
子供はどう感じるでしょうか。
自分はどう感じるでしょうか。

子供の運動会には
サラリーマンのお父さんお母さんがいっぱい。

子供達は、タトゥーの意味がわからないケースもあるでしょう。
でも他人の子供の親御さんはタトゥー・刺青の意味が解ります。
そしてタトゥーを入れていない親御さん(サラリーマンなど)は、あなたのタトゥーを見て驚いたり、怖がったりすることでしょう。
img/odoroku.jpg" alt="" /> 
驚いたり、怖がったりするだけで終われば良いですが、
その親御さんは、あなたの子供と自分の子供が親しく付き合うことを阻害するのではないでしょうか。
サラリーマンのお父さんやお母さんにとっては、タトゥーは全くなじみがないのです。
初めて見たというサラリーマンもたくさんいるでしょう。
なじみがないと言う事は、驚いたり怖がったりすることにつながっていくのです。
子供の運動会でタトゥーを消したくなるというケースが多いのは、自分のタトゥーのせいで、子供に迷惑がかかるのを恐れるからではないでしょうか。
自分はタトゥーが好きだけど、そのせいで子供が悲しい思いをするならば、いっそのことタトゥーを消してしまおうと言う気持ちは、子供を愛する親心から来るのではないでしょうか。
自分の喜びよりも、子供の喜びを優先したのです。

価値観が変わるのは自然なこと!!

人間は若者から大人になり、
結婚して子供を作り、
家族を持って子供の幸せを願いながら
子育てをします。
そんな移り変わりの中で、自分のタトゥー(TATOO)・刺青への価値観が変わる事は、ごく自然にあり得ることだと思います。
子供を軸として自分の価値観を変えるからです。
もしも子供の運動会を控えて、
タトゥーを消したいと考えたならば、
悲観することなく、自分の価値観を受け入れてみてください。

タトゥー・刺青を消したくなったら、
プロのお医者様に相談しよう。

自分の気持ちを整理して、プロのお医者様に相談すれば、
現在はいろんな方法でタトゥーを消す治療を受けることができます。
現在は無料の初回カウンセリングを受けることができるお医者様もいらっしゃるので、ぜひウェブ申し込みをして相談してみてはいかがでしょうか。
ぜひ自分の願う将来を自分で掴み取っていただきたいです。心から応援いたします。
img/button_002.jpg" alt="" />


おすすめの記事