結婚が決まった時にタトゥーや入れ墨を消したくなるケースも多いですね。
特に女性に多いケースだと思います。
タトゥーを入れるときは、自分が入れたいから入れるのであって、
ウエディングドレスと合うタトゥーか?とか、結婚相手がどう思うか?とか、
結婚相手の親がどう思うかなんて考えないですものね。
結婚相手から消してくれって言われていないのに、消したくなるケースも多いです。
きっと、結婚生活という新しい人生のスタートにおいて、自分の過去を物語るタトゥーを
消して、新しい人生をスタートさせたいという心情になるのでしょうね。
女性が一番気になるのは、やはりウェディングドレスとタトゥーのこと。
どうしても真っ白なドレスと合わなかったりしますものね。
ずっと憧れていた真っ白なドレスを着るために、タトゥーや入れ墨を除去したい
という方は多いようです。
なお、ここからはおせっかいかもしれませんが、結婚式当日にドレスを着るというのは
当然だとしても、衣装選びや、事前に写真館で記念の結婚写真を撮るなんてケースは
良くあります。
結婚を機にタトゥーや入れ墨を消したいという方は、結婚式当日から逆算して
タトゥーを消すのではなく、その前の各種イベントの日程も考えてタトゥー除去することを
お勧めします。
自分のために入れていたタトゥーが、結婚相手に特に関係ない時。
それはタトゥーを消して、せっかく巡り会えた結婚相手のために、
新しいスタートを切ってもいい時なのではないでしょうか。
自分だけでなく、結婚相手を中心に考えて決断される気持ちを ぜひ応援したいと思います。
がんばってくださいね!



おすすめの記事