タトゥーと子供

img/4ad89f5504a2d323ab2de5589669d0c6_s.jpg" alt="" style="width:576px;height:384px" /> 
あんなに入れたいと思っていた
タトゥーや入れ墨を消したくなるなんて・・・
そんな気持ちになる日がくるなんて。。。
タトゥーを入れたくてしょうがなかった若かりし日からすると、信じられない心境。当時の気持ちから考えると不思議ですよね。
タトゥーにあこがれて、一生懸命、図柄やサイズ、入れる場所を検討したのに。
なんで自分は消したくなったのだろう。
子供ができると、こんな心境になる人が多いそうです。

子供ができると、いろいろな考え方が変わる。

img/kodomo2.jpg" alt="" />
でもよくよく考えると、長い人生の中で若い時と考えが変わるなんてことはよくあることだと思います。
特に自分の周りの環境が変わった時なんかは、考えや心境が変わることはよくあります。
例えば子供ができた時などは、その代表的な例でしょう。
まさか自分が人の親になるなんて、若い時は想像できないもんです(笑)
自分がパパやママになって、一人の人間(我が子)を育てることを真剣に考えている・・・。
まず、そんな自分にびっくりです。

自分中心の思考が、子供中心の思考に代わる。

人は、子供ができるといろいろな変化が生じます。
特に代表的なことは、自分中心だった思考が、子供中心の思考に変わることでしょう。
自分が犠牲になってでも、愛する子供が幸せになってほしいという心境になります。
それは、たとえ今まで自分が大切にしていたものでも、子供にとって障害となるならば、何の迷いもなく捨て去るという気持ちです。
親心・親の愛といってよいでしょう。
もしも子供ができたなら、子供といっしょにお風呂に入り、子供プールにもいくでしょう。温泉好きな方は、将来一緒に温泉旅行にも行くでしょう。
その時に、自分のタトゥーはいらないのでは?と思うことが多いのです。
自分一人だったら、タトゥーや入れ墨を入れたかったけど、我が子を中心に考えたら、タトゥーや入れ墨を消したいなと思う方は多いのです。
それは自分が中心ではなく、子供が中心になっていくからなのです。
そういった考えは、もちろんアリだと思います。
過去の自分を否定するのではなく、新しい自分に合わせて、いろんなことを調整しているだけです。

人生の節目を大切に。自分をバージョンアップさせよう。

人生の節目節目では環境も考えも変わります。
ぜひ人生や環境の変化において、タトゥーや入れ墨の除去をご検討されるのであれば、専門のお医者様の知識も借りながら、
なりたい自分になってくださいね。
自分中心に、カッコよさを求めてタトゥーをいれた自分も良いですが、子供のために、タトゥーを消す自分も素敵なのです。
ぜひ、人生の次のステップに踏み出した自分を大切にし、今よりも楽しい人生を歩んでください。
心より応援しております。
img/button_002.jpg" alt="" />


おすすめの記事