タトゥーの除去をしたい!方法をしりたい!と思っても、なかなかわからないですよね。
そもそもいろんな除去方法があるのか?それとも一種類しかないのか?など、疑問は募るばかりです。
img/8f65990a006e766e5f66fdacb6807d8e_s.jpg" alt="" />
そこで、まずはタトゥーの除去方法について、大まかな種類をご紹介したいと思います。
詳細は別途になりますが、まずは大枠としてこんな種類の除去方法があるんだなと理解していただければと思います。

①レーザー照射

レーザーをタトゥーに照射して、目立たなくさせます。
なんどか通院して照射します。
いろんな色を使っている場合には不向きな場合があります。

②切除

 
短時間で消すなら切除という選択肢があります。
比較的範囲が狭い場合はこちらの方法が考えられます。
小さい範囲なので、傷跡を縫うため線状の傷跡が残ります。

③剥離

   
タトゥーのある部分の皮膚をはぎ取る手術です。
タトゥーを消すといった面での効果はでますが、
赤くはれたような痕は残ります。

④植皮

レーザー等で対応できない、深く入っているタトゥーには、植皮法が考えられます。
比較的短時間で手術はできますが、皮膚が体に定着するまで安静にしなければなりません。
また、皮膚が体に定着しない場合は再度の手術が必要になるので、専門家とよく相談のうえ、手術を受けることが望ましいでしょう。
大きく分けるとこの4種類になります。
まずは、『こういった方法があるんだな』といった理解をしていただき、
別のページも参考にしていただければと思います。
できる限り、専門家への相談の方法も紹介しますので、
まずは専門家の病院・先生に相談にのってもらうことが最初の一歩として良いと考えます。
img/button_002.jpg" alt="" />


おすすめの記事